目指すは週一更新。
スポンサーサイト

-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨

最悪。

2010-11-30 Tue 22:10
 いつかの記事「無題。」の詳細。



 先日の日曜日。
 友達と遊びに行く約束をしていた。およそ四人でカラオケ。
 まぁカラオケばかりな気はするけど、良いじゃない、楽しいんだから。

 ついでに音痴克服という目標もあるから機会さえあれば行きたい。

 ということで数日前から約束をして、とてもわくわくしながら待っていました。
 普通に行ける、予定でした。はずだった。


 な ん で 塾 が あ る の ? 

 ――と。
 前日の夜7時くらいに衝撃の事実が発覚。
 朝9時から午後5時まで塾でした。

 もう悲しみを通り越して怨みましたね、塾を。

 いや、予定を把握してなかった私に非があるわけなんだが……。

 だけどとても楽しみにしていて有頂天になっていた私からしてみれば一気に奈落まで叩き落されたようなもので。
 実際そんな感覚を覚えてた。

 予定が潰れただけで相当凹んでた。

 
 恐らく今までのマイナス分が蓄積してて、遂に限界が来たんだと思われる。
 塵も積もれば山と成る、ってね?


 そして当日。

 ごく普通に塾へ。
 午前中は12:50終了予定だったはずが延びる。

 いや、授業が延びたんならそれも許そう。仕方がないと。
 だけど、何故、授業後の話がそんなに長いの……? と。
 教師じゃない人がなんか色々話しててー、非常に苛々する私。

 別に普段ならそうでもないけれど?
 予定が潰れたっていうのと、そのあとまだ授業があるっていうのと。

 そのときに友達から「1000円貸して」と頼まれる。
 財布を見てみたが1500円しかなかったので断りました。

 やっと終わって13:05。
 次の授業は13:20から。

 ……お昼を食べる時間を返せ。


 結局10分も食べる時間が無かったから急いで掻き込む。
 →不機嫌度上昇。


 次の授業は相当いいモノでした。
 数学と英語の二種だったんですが、先生が凄くいい人で。

 面白い授業とか、熱意ある授業とか、
 共感させる演説とか、分かりやすい内容とか。

 色々と素晴らしい要素があって満足でー。
 気が晴れました。気持ちが晴れ晴れしていたよ。


 後寄った店で「1000円にて1P」を「500円にて1P」だと勘違い。
 600円のほぼ無駄な出費。

 そこで思い出す友達からの「1000円貸して」。
 恐らく貸していたらこの600円は失わずに済んだでしょう……。
 だって使うお金がないんだから。

 済んだことだけど、それでも怨んだ自分を。

 それと、さっきまで講義で気持ちがすっきりしていただけに大ダメージ。
 
 より気持ちが沈む。


 買い物する為に千葉へ。
 この日の前の日に「買わないと」と思っていた物があったので。

 着いて。
 店に行って。
 
 あ り ま せ ん で し た 。


 思い立ったが吉日ですか。
 思い立った次の日じゃダメですか。

 そこでまた400円ほどの無駄出費が確定。
 機を逃した――とそういうことですね。

 数日前にも一度来ていましてね。
 そのときは買わなかったんですよ。

 …………嗚呼、間が悪い。
 なんであのとき買わなかった? と自分を責め苛む。

 本当に愚かだよ私は。

 
 この時点で相当荒れている私。
 
 >「ついカッとなってやった」人達の気持ちを理解。


 もうどうにでもなれ……、そんな感じで。
 そして、淡い希望を胸に抱いて、

 別の店へ。

 600円ほど消費。
 →結果:無駄出費。

 店から店への道のりで無駄に変な希望を持ってたせいで大ダメージ。

 なんかもぉ全部どうでも良くなる。


 帰宅途中自転車で事故る。

 精神が不安定なせいかベッドに入ってから2時間くらい寝れない。
 →苛々募る。
 

 忌日だ。




 と、昨日の出来事を振り返りながら記す。
 正直大分毒気が抜けてます。

 昨日はもっと酷い感じに荒れてた。
 落ち込んでた。

 自分で思うけど結構切り替えは早い方なのかもしれない。




 なんか凄く疲れた。
 色々どうにでもなれ。


 むしろ逆に吹っ切れた?

 思いっきり追い詰められて。
 色々持ってかれて(気力とか。

 もう適当になったというか。一種の達観?

 知りませんがー。

 相当に色んなものがどうでも良くなった。
 金銭感覚が特にぶっとんだ。

 有るなら使えばいいじゃない。知らないよもう。
 
 どうせ不幸に成るんなら、
 全力で目先の幸福を追いかけてみようよ。

 後で後悔することになるんだろうけどね。
 それがどうした?
 
 お前なんか後悔しっぱなしじゃないか?
 今更なにを恐れる?
 傷ついて傷ついて傷ついて、そんな傷だらけな身をまだ案じるのか?

 どうでもいい。
 嗚呼、この考えはいつまで続くだろうね。
スポンサーサイト
別窓 | 手記。 | コメント:2 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

| 紅月の枝折 | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。