目指すは週一更新。
スポンサーサイト

-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨

蒸された地上の、交錯の思考

2010-09-03 Fri 16:58
 何だったか。
 ふとコンビニエンスストアで鶏肉を買って、それを食べながら道路脇に佇んでいた時。

 何かを思考した、思考した事実は覚えている。そしてそれをブログに書こうとも。

 だが、内容が思い出せないのは何故だ――、


 と。自身の記憶力を呪ってみる。
 確か言葉の意味に関するものだったんだけど……。


 情景でも思い出しながら考えてみようか。


 交差点。
 時間と共に規則的に変わっていく信号。
 行き交う人々、車。バイク、自転車。
 それを屋根の影から眺める自分ワタシ

 時間は日々を何かに費やしているときほど早くは流れず、
 ゆったりと、ゆっくりと。「時」を感じさせないような、そんな時間だった。


 ……! (訳:思い出した)
 友人が言った言葉に「気がついたら一時だった(意訳:午後一時まで寝てた)」というものがありまして。
 
 いやまぁ私だって惰眠を貪りたいときも有りますが……、無理だなって。
 寝ている自分なんて操作することは出来ないので起きられなければそれは確かに手の施しようが無い訳ですけども!
 基本的に午前6時には起きるようにしている者から見ればそれは時間の浪費であって。

 しかし睡眠は健康的に日々を生きる為に(活きる為に)は必要不可欠ですよね。

 そして途中で起きなかったということは、それはつまりその起きた時間が「必要睡眠時間を確保した時間」と考えられますか? 考えられるということにしておきましょう。確かこの前何かの文献でそのようなことも読みましたし。

 そしてその「必要な睡眠時間」を採る(取る?)ことを「無駄と思う私」。
 それってつまり必要な時間が多すぎるってことで。
 言うなればやることが多すぎる、と。

 で、そこで問題になるのは本当に時間が足りないの? ってコト。
 考えてみてください。こんな思考してる暇を睡眠にアテれば良いじゃない(笑

 でもそれは止めない、それが好きだから。
 趣味も遊びも止めません、それが楽しいから。

 寝ることが楽しい人だって居るでしょう、ただ単に優先順位が違うだけ。
 それはもう変えられない事実で。変えるということは自分が変わるということ。存在を根本から覆さないと(そんなことは無理、したくない)。
 

 人には 時間が 足りていない。


 そんな結論。そんな常識。

 あいも変わらず思考がどんどん突き進んで元題(元の題、という意味。原題)が行方不明です。

 なんでしたっけ?
 ああそうか、足りない睡眠か。

 ……っと。途中で行方不明になってたつもりが、結論を見ると課題に沿っている不思議。
 けど途中がダメだと思う。自分としては。
 数学だって、答えが合っていても途中が間違っていればマル正解は貰えないからね。
 
 この文を読んだ人、是非ともこの考察について考察してみて下さい。
 出来るならば、貴方の論を教えてください。
別窓 | 思考。 | コメント:2 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

<<休暇。 | 紅月の枝折 | 熱。>>
この記事のコメント
どうも。証明問題を「明らかだから」で証明したバカです。

1日48時間や72時間になっても変わんないと思いますよ?
あったら使う。使ったらまた足りない。そんな事の繰り返し。
かといって永遠なんて手に入れればそれはもう人間じゃないし。
本当に必要なのか考えてみるだけで削れる時間はあるはず。(学校とか)
考えても必要だったり考える時間が勿体無いとかってオチは置いといてw

まぁ昨日13時間ほど寝てる奴が言うのもなんだけど。

追記。
変わるのが無理ならもう一個作ればいいじゃない?
2010-09-04 Sat 02:42 | URL | 幻鳥 #VkxZ4mu2[ 内容変更] | ∧top | under∨
Re:幻鳥さん
 明らかだから、と言いたくなるときはあるw
 一日を増やしたら使う時間が増える、それは正しいと思うし、実際そうなることが目にも見えます。ただ、あくまで結論は「時間が足りない」であって、「時間を増やせばいい」ではないんですよね。

 二個目を作ったところで一個目の存在が小さくなるのは世の常世界の常。……作ってみたいけどね! いや、欲しいのは結果だけですけど。
2010-09-04 Sat 19:09 | URL | Ayame #Q5/bHczg[ 内容変更] | ∧top | under∨
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL


FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 紅月の枝折 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。